恵便法師

解説

聖徳太子が、加古川下流に身を
かくしていた僧、恵便のところに
足を運ばれ「木の丸殿」を
作って教を受けられたと
言われている。