本堂


解説

鶴林寺最大の建物で内陣厨子(ずし)の棟札に
応永4年(1397)の銘がある。
入母屋造り、本瓦葺。日本の仏寺建築は、
和様の時代から鎌倉の初期には大仏様・禅宗様
が輸入され、和様との折衷様式が流行し始める。
鶴林寺本堂は大阪府河内長野市の観心寺本堂
と並ぶ、折衷様式の代表例とされる。
外部は桟唐戸(さんからど)で閉め切ったときに
いっそう重厚さにあふれて見える。