太子堂

解説

方三間、一重、宝形造りの建物の前に一間の
縋破風をかけ、奥行き一間の礼堂をつけたもので
四方を縁ではりめぐらしています。
全体として藤原建築の美点を遺憾なく発揮し
バランスの富んだ建物です。
赤外線で発見することができた太子堂壁画も
この建物に納められていました。