絵画

聖徳太子ゆかりの絵画が豊富に!

太子堂壁画 九品來迎図(赤外線写真)

太子堂壁画 九品来迎図(赤外線写真)

太子堂壁画 九品来迎図(赤外線写真)

太子堂壁画 涅槃図(赤外線写真)

太子堂壁画 涅槃図(赤外線写真)

太子堂壁画 涅槃図(赤外線写真)

阿弥陀三尊像

阿弥陀三尊像

阿弥陀三尊像

この画像の描法や彩色は、日本のものとは明らかに違っています。これは韓国の「高麗仏画」であり、そのうちでも優品のひとつとされています。

鶴林寺への伝承の経緯は明らかではありませんが、その裏書に「高麗無双の筆、文明9年(1477)と元禄13年(1700)の2度にわたって修理され、当時の重要な法要の本尊として大切に守られて来た」という意味の記録があります。

当寺の開祖である聖徳太子の師匠である恵便の像や、高麗梵鐘とともに当寺と韓国とのふかい縁をうかがわせるものの1つです。

平成14年の盗難事件により、現在所在不明となっています。

慈恵(じえ)大師像

慈恵(じえ)大師像

慈恵(じえ)大師像

おみくじの元祖。角大師ともいう。

聖徳太子絵図 第1幅(全8幅)

聖徳太子絵図 第1幅(全8幅)

聖徳太子絵図 第1幅(全8幅)

聖徳太子像

聖徳太子像

聖徳太子像

解説

「雲中太子像」と呼ばれ、太子十六歳のお姿を描いています。

左右に侍童をしたがえ、また下方に天部の二像を置いた絵柄や、太子の相好に森厳な趣のあるのは太子信仰がさかんになったことを示すものといえましょう。

タイトルとURLをコピーしました
フッター用コード