鶴林寺 友の会・文化財保存会のご案内

鶴林寺 友の会・文化財保存会のご案内

鶴林寺は聖徳太子ご建創と伝えられ、本堂や太子堂をはじめ多くの文化財を多数保有しています。

また鶴林寺は、観月会や七夕まつりなどさまざまな行事を通じて新しい地域文化の創造を発信し続けてまいりました。鶴林寺は東播磨の各種文化の拠点であります。

鶴林寺文化財保存会の概要

この貴重な文化財の数々は保存修復に莫大な費用を要しますために、鶴林寺では広く十方有縁の皆様に御協力を仰ぎながら、当時の文化財を後世に守り伝え、また一方でその価値を社会に紹介するための「鶴林寺文化財保存会」の組織を立ち上げています。

ぜひともみなさまにご入会いただき、文化財保全事業の推進と聖徳太子精神の発揚へのご協力をお願いするものであります。

概要
年会費
  • 法人会員 年額 1万円
  • 個人会員 年額 3千円

会計年度 10月から9月まで
(毎年10月に会費を頂戴します)

活動内容
  • 会費や寄付金によって計画的に文化財の補修を進める
  • 文化財の理解を深めるための研修会を催す
  • 会報の発行
特典
  • 会員証の提示により拝観料が無料になります。
  • 鶴林寺の諸行事や研修会にご案内します。
入会手続き葉書、またはFAXにて住所・氏名を送付ください。
折り返し会費の振り込み用紙や会則、会員名簿などをお送りいたします。
会費のお振り込みを確認しましたら、会員証をお送りいたします。
お問合せ先
送付先
〒675-0031
兵庫県加古川市加古川町北在家424
鶴林寺文化財保存会事務局
TEL:079-454-7053
FAX:079-454-7055

鶴林寺友の会の概要

当時の歴史的環境を、より活力のある文化的基礎として発展させ、多くの方々に鶴林寺に親しんでいただけるよう「鶴林寺友の会」も運営しています。

この機会にぜひともご入会くださり、鶴林寺の歴史や聖徳太子精神を学びながら、豊かな精神生活を営む一助としていただきたくご案内するものであります。

概要
(加古川市内外を問わずどなたでもご入会頂けます)
趣旨鶴林寺の行事への参加や奉仕活動を行うことでより良い地域文化の創造に貢献する。
活動内容
  • 写経会や観音講ほか各種年中行事への参加
  • 坐禅会や奉仕活動、文化財講座などでの研修
年会費年額 3千円 会計年度 1月から12月まで
(毎年1月に会費を頂戴します)
特典
  • 会員証の提示により入山料・拝観料が無料になります。
  • 鶴林寺の年中行事や各種研修会にご案内します。
    また、行事によっては、堂内特別席にて法要に参列していただけます。
  • 会報をお届けします。
  • その他臨時の特典が受けられることがあります。
入会手続き郵便振り込用紙にお名前と住所・電話番号を明記の上、
会費3千円をご入金ください。(これを越える金額は寄付金として扱います)
折り返し会員証や年間行事予定表などをお送りいたします。
  • 写経会入会の場合は道具とテキスト代として、
    観音講入講の場合はお袈裟と経本代として、
    参加登録時にはそれぞれ別途2千円必要です。
  • 募集開始は平成16年10月からです。
    正式発会は平成17年1月から。(発会式は特に行いません)
郵便口座:00930-6-202323
加入者名:鶴林寺友の会
お問合せ先〒675-0031
兵庫県加古川市加古川町北在家424
鶴林寺友の会事務局
TEL:079-454-7053
FAX:079-454-7055
タイトルとURLをコピーしました
フッター用コード