修正会(鬼追い)

1月8日

修正会(鬼追い)

修正会(鬼追い)

正月に、旧年までの悪い行いを正し、その年の吉祥を祈る法要です。鶴林寺ではまず、鬼追いの由来を伝えた謡曲の奉納があり、その後、悔過(けか:犯した罪・過ちを悔い改めること)法要が営まれます。

この法要のなかで『鬼追い』が行われます。小鬼たちが手にした杖でリズムを刻むと、赤・青の二匹の鬼が現れ参詣人の間に飛び込んだり大暴れしますが、最後は仏の力により改心し、良い鬼となって人々の厄をはらいます。

平安時代から続く伝統の行事です。

お問い合わせ先

タイトルとURLをコピーしました
フッター用コード