鶴林寺の文化財紹介
こちらでは鶴林寺所蔵の数ある歴史的に貴重な国宝・指定文化財等を
紹介していきます。紹介している美術品を 仏像・絵画・工芸・建築の
カテゴリーに分類してます。
鶴林寺には、その歴史的、学術的価値に応じて、国指定の国宝2件と
重要文化財18件、県指定文化財9件、市指定文化財16件があり、
それぞれあわせて、計45件の指定文化財がある。
加古川市内全ての指定文化財 87件中、ほぼ半数近い貴重な
歴史遺産を有する寺院である。見学したいカテゴリーを選んで
それぞれの 歴史の芸術をご覧下さい
鶴林寺所蔵の仏像
鶴林寺所蔵の仏像
播磨随一の名宝・聖観音立像等
聖徳太子ゆかりの絵画が豊富に
聖徳太子ゆかりの
絵画が豊富に!
折衷様を伝える本堂は日本の仏教建築を代表する文化遺産
折衷様を伝える本堂は
日本の仏教建築を代表する
文化遺産
豪華な彫刻をほどこした工芸品の数々
豪華な彫刻をほどこした
楽太鼓の縁等
様々な美しさ

鶴林寺の指定文化財一覧へ